さて、今年もやってきました恒例のビートたけしの超常現象(秘)Xファイル2017です。

なんでこの時期、恒例になってしまったのか謎ですが、年に1度くらいはこんなものが見たいと思っている人が大勢いるのでしょうね。

そういう私もその1人なのですが・・・

Sponsored Link

超常現象(秘)Xファイル 今回の目玉は

1,脳を読む男”が緊急来日!芦田愛菜を意のままに操り…たけしの脳内に侵入する!

2,UFOのフェイク映像が出回る理由…そこには宇宙人と歴代アメリカ大統領の恐るべき密約があった!

3,ドラゴン王国・タイでついにドラゴンを激写

4,ノストラダムスの大予言。人類滅亡の予言は実は2018年だった。

「脳を読む男」ティモン・クロースとは何者?

この中で気になる「脳を読む男」って何者?

ティモン・クロース

写真のイケメンです。肩書が「マインドスキャナー」。

不思議な技を見せますが超能力者ではありません

日本のメンタリストDaiGoさんと同じ職種です。

ティモン・クロースのホームページがこちら

http://www.timonkrause.com/index-en.html

ヨーロッパのベストメンタリストだそうです。

心の中を読んでしまうようなメンタリストの手法は本なども出版され、決して魔法や超能力ではないことが知られてきています。

それでも超能力だと信じてしまう人がいるようですね。

そこに待ったをかけるのが大槻教授

ここでオカルト否定派と肯定派のバトルとなります。

あまり中身の無い言い合いで終始するので見ているのがアホらしくなります。

このバトルのおかげでオカルト一辺倒の部分が無くなりお笑い番組化。このさじ加減がこのご時世で番組が続いている秘訣なのでしょうか?

このお約束が続いてなんと20周年です。おめでとうございます。

Sponsored Link

オカルト番組の2極化「超真面目」か「おバカ」

最近、オカルト番組が少なくなってきてしかも2極化が進んでいます。「超真面目」か「おバカ」

「おバカ」代表はこの「超常現象(秘)Xファイル」もしくはフェイク満載の動画番組「写っちゃったー」系。

あまりにもアホらしくて見る気が失せます。

「超真面目」はNHK・BSの「幻解!超常ファイル ダークサイド・ミステリー
この番組は不思議だと思っていた現象を身も蓋もないほど解き明かしてある意味がっかりさせてくれます。

巨大なオタマジャクシのような海洋生物⇒⇒⇒小魚の群れ

川をのたうつUMA⇒⇒⇒ゴミが川底に引っかかって揺れていただけ

幽霊⇒⇒⇒電磁波が脳内に作る残像

UFO⇒⇒⇒いろんな物体の見間違い

興味があって毎回見ているのですが、子供の頃からワクワクして見いたものが崩されていくようでちょっと悲しくもなります。

木曜スペシャル「UFO特集」をワクワクして見ていた頃が懐かしい。

いま唯一楽しみな番組は夏にある「ほんとにあった怖い話」

Sponsored Link