50代のダイエット方法をゆる~くやってみましょう。

まず基本は食事です。

それと運動になりますが、ダイエットを成功させるための食事と運動の重要度は

「食事9割:運動1割」なんです。

今のダイエットの主流は食事の摂り方をメインにしたものが多いですね。「糖質オフダイエット」なんてその最たるものです。

食べすぎていればその後いくら運動してもダメなんです。

例えばなんですが
ウォークキング120分+ジョギング30分+自転車20分の運動で燃やせる体脂肪は67グラム。

これはどらやき1個半でチャラになってしまします。

トライアスロンをやるよりどら焼きを我慢するほうが楽だと思いませんか?

このブログでは

NHKのためしてガッテンから
低カロリーダイエット」と「計るだけダイエット」をもとにお得な情報とともに提供していくます。

50代ダイエットの食事とは

今、太り過ぎで悩んでいる皆さんに衝撃の事実をお知らせします。

実は皆さん「食べすぎ」ています。

自分で食べたものを記録してカロリー計算してみると「さすがにこれはまずい」となるんですよね。

では、どんな食事をしていけば良いのか見ていきましょう。

ダイエット食事メニュー 何をどれだけ食べる?

まずNHKためしてガッテンの「低カロリーダイエット」をもとにした食事メニューをを紹介します。以下のメニューは1食分。栄養的にバランスがとれて400calのエネルギーがとれます。

 

  • 毎回の食事で以下のメニューから2つを選んでタンパク質をとる

・牛乳(ヨーグルト)120ml
・チーズ      1枚
・卵        1個
・赤身の肉     50グラム
・脂の少ない魚   1切れ
・豆腐       4分の1丁

  • 野菜(イモ類以外)、キノコ、海藻はたっぷりとる

ビタミン、ミネラルをとるためにここはここの食材を十分に取りましょう。

  • 糖質はご飯、パンなどから1種類と果物もしくはイモ類から1種類とること。

ご飯・・子供茶碗1杯分

パン・・8枚切り1枚

ゆで麺・・2分の1玉

最低でもこのくらいの炭水化物をとりましょう。でないと“脂肪ため込みスイッチ”がオンになってしまいますよ

  • 料理に使う油は1食あたり大さじ2分の1

 

栄養バランスをとるのに超簡単なワンプレートはいかが?

「食べる量はわかったけ、どいちいちめんどくさい」そんなあなたに朗報。簡単な方法があります。

直径24センチぐらいの皿を1枚用意します。

このお皿半分にタンパク質の食品。もう半分に野菜のおかずを盛り付けます

そうすると1食あたりタンパク質20~30グラム。野菜は100グラムがとれます。これは1日に取りたい量の3分の1。

食材をあれこれ選ぶのが面倒になったらこの方法を活用しましょう。

 

栄養が整う「マゴワヤサシイ」

主食とタンパク質をとったらあとは副菜でたっぷりビタミンとミネラルを補給しなくてはいけません。何を食べたらよいか迷ったら「マゴワヤサシイ」という言葉を思い出してください。

  • マ・・豆類(味噌、納豆、小豆、いんげん豆)
  • ゴ・・ゴマなど種子類(ナッツ、くるみ、アーモンド)
  • ワ・・ワカメなど海藻類
  • ヤ・・野菜(緑黄色野菜)
  • サ・・魚類
  • シ・・しいたけなどキノコ類
  • イ・・イモ類

メニューに困ったら思い出してください