「毒メシ」とは?

ことの発端は「子供が天才になる食事」(KADOKAWAで出版)という本の紹介を同じKADOKAWAが運営しているレタスクラブのホームページに掲載したことを発端とする。

この本の紹介ページにはこの本を書くきっかけになった出来事をマンガで紹介。

そのマンガでは、授業中に集中力の無い子供がいつも唐揚げ弁当を持ってきていることから「子供の学力と食べる物の間には関係があるのではないか」と思い至る。

すると、唐突に「現代の子どもたちの食べ物の多くは毒メシなんだ」というセリフが唐突に出てくる。

マンガでは菓子パンやコンビニ弁当らしきものも描いてありますが、言葉として出てくるのは「唐揚げ」。

簡単に言うと「唐揚げ」=「毒メシ」という図式になり、レタスクラブのホームページの閲覧者(多くは雑誌レタスクラブの愛読者)に対し非常な不快感を与えたのです。

「毒メシ」皆さんのご意見

  •    レタスクラブで唐揚げとか特集しておいて今更「毒メシ」って何?
  •    子供のためにご飯、お弁当を作っている人に対して失礼
  •    掲載する前に誰も止めなかったの?
  •    科学的根拠はあるのですか?
  •    レタスクラブ 二度と唐揚げを掲載できない雑誌

・・・・・・

 「毒メシ」  インパクトのある言葉です。

他のページには

 「成績を下げる食事」「成績を上げる食事」という表現を使っているところもあるのですが・・・

出版社の対応

記事掲載 ⇒ 炎上 ⇒ コメント無く記事削除 ⇒ 再掲載

再掲載時のコメント

「改めて栄養の観点から“唐揚げ”について専門家に取材し記事をアップすることでメディアとしての見解をお伝えしたいと思います。
引き続きレタスクラブニュースをよろしくおねがいします」

とコメントしています。

この本「子供が天才になる食事」ついて

要は食事での栄養の摂り方について書いてあります。

「腸の炎症」「血糖値」「脳に効く栄養素」に注意して食事をしましょうということ。

栄養が偏った食事をしていてパフォーマンスが悪くなるのは何も受験生に限ったことではないので大人にも参考になる部分はあるでしょう。

「睡眠は大事ですよ」といったごく当たり前のことも書いてありますが、どういう根拠があるのかはわかりませんが「乳製品は毒メシ」と言い切っている部分もあるのでちょっと注意が必要です。

その他「パンをやめてササニシキの玄米」とか「どうしてもパンが食べたいときには手作り」とかレタスクラブの読者の神経を逆なでしそうな記事もあるのでお気をつけください

ちなみにこの本アマゾンの本のカテゴリ「子供の医学」でベストセラー第1位 って書いてあるのにカスタマーレビューがまだ1個もないんですよ不思議ですね?