視聴率絶好調のNHKの朝ドラ「あさが来た」はいよいよ後半戦。

ストーリーについては実際に存在した人なのだから史実に基づいて話が進むもの思っていましたがさにあらず・・・・

史実ではあさの姉は若くして病気で亡くなってしまうはずでしたが、視聴者の「殺さないで」という嘆願と視聴率という大人の事情でまだ元気で生きていることになってしまいました。

そうなんです。ドキュメントじゃなくてやっぱりドラマなんです。

となると後半はどうなってしまうのでしょう。

史実とドラマはどう絡んでくるのか?

そこで某週間○○○紙による「あさが来た」のネタばらし記事がありました。

あくまで予想ですが・・・

Sponsored Link

後半戦における「さようなら」は誰?

うめと女相撲

あさの経営方針に異を唱える大番頭の雁助が店を出てしまう。そして雁助に恋心を抱くうめ(友近)がこれに絡んでくるらしい。

ここであさとうめの「女相撲」という名場面があるということだ。

なんでも「涙なしには見られない」シーンだとか・・・

放送後にあさイチ!の有働さんの付けまつ毛が取れるかどうかも見ものですね。

五代さまが病気に

伍代さまはあさの夫・進次郎とともに商法会議所の設立に奔走するが彼に病魔が・・・

史実では五代さまは糖尿病にかかり49才で亡くなっています。

そのため五代さまは東京で療養生活を送るため、あさとは別れ別れになってしまいます。

Sponsored Link

店の後継者問題はびっくりぽんの展開か?

史実ではあさには女子しか生まれなかったため、実家から呼び寄せた女中を妾として、彼女が産んだ男子が跡取りとなっている。

ドラマではその女中がふゆ(清原果耶)であろうというのが定説であったようだ。

しかし、当時は当たり前だった「妾」という存在も今ではタブー。

女性蔑視に繋がるような表現を朝ドラで扱うのかということも話題になっていた。

史実ではあさと姉も妾の子であったがドラマでは絵描がれていないし、番組前半であさが妾をかこうように進次郎に言うも「やっぱり嫌だ」と取り消し「妾」の件は決着をみている。

とすれば妾問題は今後なさそうだが・・・・

あさが来た ネタバレ はつはどうなる?

ふゆの縁談が持ち上がり、かねてから恋心を抱いていた中番頭の亀助は告白するも振られる。

婚礼3日前、ふゆは思いを寄せていた進次郎に恋心を打ち明ける・・・・

それを知ったふゆの父が激怒。娘に暴力を振るうもそれを止めに入ったのが亀助はん。

このシーンはカッコイイらしいです。

そして一発逆転、亀助はんとふゆが結婚・・・・か?

あさが来た ネタバレ 後継者は誰?

ここで登場するのが姉のはつと惣兵衛さんの間に生まれた長男・藍之助。

商人になりたいとお店で修業を始め、あさの娘・千代と意気投合。結婚して跡取りとなるという予想なのですがいかがでしょう?

岡村花子と新島八重が登場か?

あさは同志社大学の設立に奔走することになるが、その時接点があった人物が「花子とアン」の主人公・岡村花子である。

吉高由里子扮する岡村花子が劇中に登場するのか?

もう一つ

同時期に活躍した女傑に「新島八重」がいる。彼女は同志社大学を設立した新島襄の妻である。

綾瀬はるか扮する「新島八重」も出演か?

これができたらウルトラCだけど、こんな機会はめったに無いことなのでぜひ実現させて欲しいですね。

この後もびっくりぽんな展開があるかもしれませんね。

Sponsored Link