2016y01m22d_210434127

フジテレビのニッポン安全サミットで安全のためのシステムが紹介されました。

その中の一つが顔認証システム「リカオン」(LYKAON)

はじめに顔の情報をインプットしておけばたとえ何人いようとも1秒以内に本人を見つけ出すというシステム。

スタジオではこの装置の威力を試すために2人が選ばれた。

Sponsored Link

1人は芸人ハライチの澤部じゃない方の岩井 勇気。

街を歩いていても全く気づかれないという。

しかも変装を施して街をあるってもらう。

実験開始から1秒で本人検知。

岩井 勇気、曰く「機械に気づいてもらって良かった」

Sponsored Link

さて、もう一人はAKB48の大家志津香

かつてスッピンを披露してあまりのギャップに炎上したという逸話の持ち主

先にテレビに出ている顔に化粧してもらい顔認証システムにデータ入力。

その後、問題のスッピンになってもらい検証。

実験開始から4秒で本人検知。

確かに顔認証システムの勝ちですが「1秒で認証できる」と豪語している犯罪防止システムに4倍もの時間をかけさせたのです。

スッピン大家志津香恐るべし。

Sponsored Link