iguana-385016_640
(注)これはピンクイグアナではありません

日曜ファミリア・大陸横断アドベンチャー巨大危険生物を捕獲せよ!』で芸能人が巨大生物を相手に過酷なロケに挑戦している。

この中でも目玉は夏菜が挑戦したピンクイグアナの捕獲である。

ピンクイグアナが最初に発見されたのが1986年。その後の研究で新種であることが発表された。

 このイグアナは成体では体長1.8メートルにも達し、背中のとげの構造がほかのイグアナとは異なっているという。

Sponsored Link

これまでの調査でも36匹しか捕獲されていないことから生息数は限られており絶滅が危惧されていた。

ところが昨年の5月にガラパゴス諸島(Galapagos Islands)にあるウォルフ火山が噴火。

溶岩が流れ、ピンクイグアナの生息地に向かうのではないかと危惧された。

幸い溶岩はピンクイグアナの生息地とは反対の方に流れ事なきを得たがその後の調査が進んでいない。

今回の夏菜のミッションはこの貴重なピンクイグアナの生きている姿をカメラに収めることである。

Sponsored Link

ガラパゴス諸島の火山への立ち入りはフジテレビが4年越しの交渉の上実現したそうで日本のカメラが入るのは初めて。

夏菜は、

「行ってきたんですガラパゴス諸島。超遠かった
まじで、ほんと、めっちゃ遠かった。
そして超絶ハードなロケで10日間くらいロケ行きましたが、帰国したら4キロくらい痩せてました。」

と言っていた。

驚きの映像は番組で。

Sponsored Link