父の日名入れ有田焼のプレゼントはいかがでしょうか?

特に有田焼の湯のみなんかは毎日手にとって使ってもらえるのでプレゼントした方も贈りがいがあるというものです。

今は通販で手軽に名入れをしてもらえるサービスがあるので便利ですね。

でも、名入れをするためにはやはり数日の時間が必要になるので時間に余裕を持って注文することが必要です。

一週間は余裕をみておいたほうが良いかと思います。

ネットで出回っている名入りの有田焼きの商品を幾つか並べてみます。

これはカッコいい!

と思ったら湯のみではなく焼酎を楽しむために作られた「香酒盃」というものだそうです。
お酒好きならこっちの方が良いかも

有田焼(ありたやき)とは、佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器のことです。
17世紀初頭、朝鮮人陶工・李参平らによって泉山で陶石が発見され、日本で初めて磁器が焼かれました。当時は、その積み出しが伊万里港からなされていたので、「伊万里(いまり)」とも呼ばれます。

よく「鑑定団」なんかで「古伊万里」なんていう品物が出てきますが、焼かれた地域や年代で微妙に呼び方が違っているのですね。

初めて知りました。

ということは有田焼の湯のみを後、300年ぐらい大事に持っておくとすごいお宝になる可能性ありです。

大事に使ってください。

Sponsored Link