2016y05m27d_140148145

伊勢志摩サミットの目玉はアメリカのオバマ大統領が広島を訪問すること。
そして日本の良さをサミットで訪れる各国首脳及びマスコミにアピールすること。

普段ワイドショーしか見ない庶民にとって伊勢志摩サミットってそんな風にしか映りません。

そんなサミットで安倍晋三首相が妙なことを言い始めました。

Sponsored Link

消費税増税 延期の可能性は?

安倍首相 「今の世界経済はリーマン・ショックの起こる前と似ているから気をつけましょうね」

各国首脳 「あれ?そんなだっけ?言い過ぎじゃないの?」

安倍首相 「いやいや、こんな資料あるし、ね。」

各国首脳 「そっか。まあ大変は大変だしね。でも声明文にするときは表現に気をつけてね」

安倍首相 「はいはい♡」

なんと国内で消費税増税延期の可能性を議論する前にサミットで布石を打っちゃったよ。

まあ、これまでもノーベル賞受賞の経済学者を連れて来て意見を聞いたりしてましたが、なんか

「こんな偉い人達が云うんだからしょうがないでしょ」

ってパターンが多いですよね。

消費税増税の延期の可能性はもう100%じゃないでしょうか。

消費税増税の延期について日経の見方

日本経済新聞では「サミット後に安倍首相が声明を発表する」という見方です。

「アベノミクスで景気は回復し、その時消費税が上がっても心配なし」

というのが当初の目論見でしたがそうは成っていない現実。

明らかにアベノミクスは失敗なので最近はこの言葉自体聞かなくなりましたね。

消費税増税の延期が株価に与える影響

今日現在(2016/05/27)消費税増税の延期がほぼ確定したと言っていい状態ですが株価にはあまり変動が無いように思えます。

これまでの消費税増税のパターンからすれば、増税前に駆け込み需要が有り、増税後に消費が冷え込んで株価低迷。

株価にしてみれば増税は無いほうが良いようです。

人によっては「増税無しで景気を刺激すれば株価は2万円を超える」という方もいます。大企業喜びます。

消費税増税 延期 影響は衆参同日選挙の口実か?

消費税増税 延期の影響はいろいろ有りますが、今一番あからさまなのが「衆参同日選挙の口実」に使われるのではないかということ。

消費税増税を延期すれば必ず文句をいう人が出てきます。

そうしたら「民意を問いましょう」と衆参同日選挙に繋げられてしまいます。

かえって、「どうぞ、どうぞ」みんなに歓迎されたら安倍さん困っちゃうと思うのですが・・・・

「2017年市場クラッシュ」の予言

安倍首相は「クライシス意味(危機。重大局面。特に、経済上の危機。)という言葉を使いたかったようです。

安倍首相は本当にこの言葉を認識しているのでしょうか?

もしこの言葉を自分に都合のいいように使ったとしたらとんでもありません。

経済の専門家の一部では「2017年市場クラッシュ」が囁かれています。

2017年市場クラッシュ
もし起こったら歴史上最大のクラッシュになると言われています。

何しろ

財産を貴金属に変えて食料と武器を用意した方がいい」と言われるほどです。

G7の様子では「何かあったらみんなで協力しましょうね」で終わっているのであまり本気にされていないようです。

その後の歴史で「あのサミットでもっと議論していたらこんなことには・・・」

なんて事のないように祈ります。

杞憂だと良いのですが。

Sponsored Link