ファンクショナルトレーニングとはなんですか?

小難しい理論もあるのですが簡単にいえば、

ファンクショナル・トレーニングとはスポーツやトレーニングの一般的な動作に、バランスという要素を取り入れたもの。

ということが出来ます。

例えば、おなじみの「腕立て伏せ」で鍛えられるのは「胸の筋肉」と「腕の筋肉」だけですが、番組で紹介した片足で机などにもたれてする腕立てなら同時に「腹筋」も鍛えられるということです。一石二鳥ということですね。

元々はリハビリに用いられていた運動療法をスポーツに応用しようと始まった最近のトレンドといったところでしょうか。

バランスの要素を取り入れるということなので専門的なトレーニングになるとバランスボールやチューブなど器具を使ったトレーニングが多くなります。

運動不足解消程度の認識で一般人がやろうとするとえらくハードだったりしますよ。

その点、今回「世界一受けたい授業」で紹介されたエクササイズは器具も必要なく、誰でも手軽に取り組める内容だったので運動不足の方はぜひやったほうが良いと思います。

ただ、番組内でダイエットに挑戦した元野球選手が20日間で-6.2kgというのに踊らされてはいけません。

VTRでもあったように1食で3人前を食べていた人です。それに太ったとはいえ元一流アスリート。

専属のトレーナーが付いて食事も指導を受けて、ましてや番組収録までに結果を出さなけりゃいけないとなれば絶対痩せますって!

ダイエットで健康的に減量するなら1ヶ月に2~3kgがいいところです。

ということで過度な期待はもたずにファンクショナルトレーニングで健康になりましょう。

Sponsored Link