毎週楽しみにしていたリバースがとうとう次回が最終回となります。

久しぶりにワクワクする推理ドラマに興奮していました。

リバース第9話ネタバレ

さて第9話では深瀬に脅迫文を送り小笠原を刺した犯人が判明して一段落。

村井の議員秘書の単独犯行でした。

その後、ラストで本題の「僕の親友を殺したのは誰だ?」がわかることになります。

深瀬がこの事件を追いかけるうちに何度も言っていた

「僕は広沢のことを何も知らなかった」というセリフ・・・

深瀬は美穂子との会話の中で広沢が「蕎麦アレルギー」であることを知ります。

10年前、広沢を送り出すときに深瀬は蕎麦のはちみつを入れたコーヒーを渡していたのだった。

愕然とする深瀬。

これがリバース第9話のラストです。

リバース原作のラスト1行とは?

「広沢を殺したのはぼくだったのか」

これが原作のラスト1行の文章です。

なんですか!このモヤモヤ感!

事実を知った深瀬がその後どうなったのか気になりますよね。

原作の流れは第9話までで終わっていますがドラマでは最終回が残っていますよ。

原作には無い展開を湊かなえが予告

少し前にTBSの対談番組「サワコの朝」に湊かなえがゲストで出たときに

「原作に無い展開があるというので私も楽しみ」と言っていました。

原作のモヤモヤをスッキリ解消してくれるのか、

もしかしたらもっとモヤモヤしたらすとになるのか気になるところです。

Sponsored Link

リバース最終回  深瀬が音信不通に・・・小笠原が追っている犯人は誰?

最終回は真相を知ってしまった深瀬が音信不通になってしまうところから物語が始まります。

そして真相を別に調べている小笠原が辿り着いた真犯人とは誰なのか?

主人公たちのそれぞれの進路も気になるところですね。

トリックの「イヤミス」な使い方

今回の「蕎麦アレルギー」や「アナフィラキシーショック」をトリックに使うミステリーもよく見かけます。

ストレートに恨んだ相手を殺しちゃうのは2時間ドラマのサスペンスですが

自分が知らない間に加害者になってしまうというのがこのトリックの「イヤミス」な使い方。

それより、こんな重大なことを周りの友達が知り得なかったという人物像と周りの人間との関係性を緻密に描いていったというのがこの物語の本当のトリックなのかしらん。

Sponsored Link